ぐるぐる編みと麻紐と斜行との出会い。

昨日、ぐるぐる編みのことを考えていたら
色々思い出しました。

私は小学校の高学年の時に、近所に出来た、こども編みもの教室に
1~2年くらい(期間はよく覚えてないんですけれど)通いました。
当時、糸はウールとアクリルしかなくて
大人の生徒さんが使っていた「モヘア」が憧れでした。
短期間で色々教わったけれど
まるく編んで、そこからまっすぐ筒状に編む編み方
いわゆるマルシェバッグのようなものは作った覚えはないのです。

なにしろ30年以上前のことなので
「マルシェバッグ」なんて洒落たものはなく
ペットボトルも無い時代ですから、ペットボトルケースも当然無いわけです。

f0233869_7415862.jpg

何となく編みものは特技となり
毎年冬になると何か編んで、また他のシーズンは
すっかり編みもののことなんて忘れるという感じで月日は過ぎたのですが
4~5年前くらいでしょうか、本屋さんでこの本を見つけ
「麻紐」に出会いました。
手芸屋さんに行くと、コットンやら麻やら色んな種類の糸があるので
ビックリしたのもその頃です。

とにかく麻紐のバッグなるものが編んでみたくて
文具屋さんで麻紐を買い、本の通り編んでみました。

f0233869_7451425.jpg

何とか編めましたけれど、本の通り8号サイズのかぎ針
しかも麻紐は手が痛くなるので多分ゆるめに編んだんでしょうね。
ゆるゆるでくたくたの仕上がり。
下手くそですけれど、すごく嬉しかったです。

これが「麻紐」と「ぐるぐる編み」との出会いでした。
麻紐は幸いにして斜行が出ませんでした。

その後、何がきっかけだったのかすっかり忘れてしまったのですけれど
いつしか本を見て編まずに、オリジナルを作るようになりました。

今では考えられないほどの低レベルでお恥ずかしい作品ばかりです。
その中に、こんなのがあります。

f0233869_7485955.jpg

おうちの形をしたティーコゼ(ティーポットを保温しておくためにかぶせておくもの)です。

そう。このときに、あれ?なんで斜めになるんだろう?
と気がついたのが斜行との出会いでした。

いや、今よく見ると、斜行だなんだと言う前に
編み目がまっすぐだったり右向きだったり左向きだったり
つぶも揃ってなくてへったくそですね。。。(恥)

この斜め感はなんだ?と思い、モヤモヤしていたとき
いつもお世話になっている糸のネットショップで
「この糸は棒針で編むと若干の斜行が出ます」と書いてありました。

これだ!斜行っていうものなんだとわかりました。
最近、他の糸の説明のところで
「編み手によって、若干の斜行が出る場合があります」
という注意書きがあるのもいくつか見つけました。
やっぱり編み手のくせによって、斜行の具合が違うのかもしれませんね。

ぐるぐるきちんとまっすぐ編むプロジェクトはまだまだ続きます。
今、糸欠なので、のんびり進行になると思いますけれど。

f0233869_7571173.jpg


ブログ村のランキングに参加しています。
どちらかひとつ応援クリックしていただけると嬉しいです。
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ

ランキングが別窓ウインドウで開きます。
あたたかい応援、心より感謝いたします。

コメントは承認制になっています。
承認コメントの公開やお返事に
少々お時間がかかると思いますがご了承ください。
サイドバー右にメールフォームもありますので
そちらもお気軽にどうぞ。

[PR]
by ichigodays | 2013-03-21 07:58 | DAYS
<< ふしぎの国のペットボトルケース。 ぐるぐるきちんとまっすぐ編むプ... >>